トップページ > 教員検索 > 小林 日出至郎

小林 日出至郎

所属(後期課程)

人間形成研究専攻人間形成文化分野

職位

教授

取得学位

体育学修士 筑波大学(1981年)
教育学修士 筑波大学(1985年)

主な大学院担当科目

体育思想研究

専攻分野

保健体育スポーツ科学

研究テーマ

身体教育学

博士前期課程学生指導

-

博士後期課程学生指導

各課程について学生指導が○となっている教員は,学生の主指導教員となることができます。

研究についての紹介・学生へのメッセージ

主として体育スポーツ原理、体育スポーツ史、身体教育、スポーツ教育分野を担当し、これらの分野に関わる研究をしている。主として、体育・スポーツ教育における「感性」の研究、古代ギリシアにおけるプラトンの体育思想研究、ホメロス作品における身体運動研究、剣道における修行の研究等がある。体育スポーツの「感性」に関する研究では、身体運動における自己・他者・世界と私の関係性について論考し、プラトンやホメロスの作品研究では体育スポーツの本質について、また剣道では人間形成の可能性について探求している。

新潟大学研究者総覧はこちら