トップページ > 学位取得 > 博士前期課程:修了までの流れ

学位取得博士前期課程:修了までの流れ

博士前期課程

博士前期課程では、授業科目(選択科目)のほかに、「課題研究Ⅰ」「課題研究Ⅱ」「課題研究Ⅲ」「総合演習」を必修科目として設けています。
さらにインターンシップ、他大学院の授業科目の履修や入学前の既修得単位など(研究上有益と認められる場合)を認定しています。
専門的学力の習得に重きを置いたカリキュラム編成で30単位以上を修得します。

「課題研究Ⅰ」
修士論文作成のための技法・作法等の基本修得科目。
「課題研究Ⅱ」「課題研究Ⅲ」
主指導教員による修士論文作成のための個別指導。
「総合演習」
各自の研究内容を発表し、所属する専攻の教員や他学生との質疑応答を行うことにより、専門領域を超えた融合的な幅広い思考能力を涵養し、修士論文のブラッシュアップを行う。
「論文作成」
2年次の1学期に「学位論文作成計画書」を提出し、「学位論文作成資格審査」において資格を取得したのちに「学位論文」を提出します。
「学位論文」の審査や口述試験により、学位にふさわしい能力を有しているかどうか審査され、合格と判定されると、修士の学位が授与されます。
※学位の種類は、各専攻紹介の頁を参照