トップページ > 博士後期課程 > 共生社会研究専攻

博士後期課程共生社会研究専攻

共生社会研究専攻は、国際社会、そして日本国内や東アジア等の地域社会における法、政治、経済等のシステム及び制度に関わる課題を、相互理解と相互発展という共生の観点から、多角的・総合的に分析・解決する能力を涵養し、法学、経済学の高度な専門知識及び課題解決能力を有する高度専門職業人ならびに研究者を養成します。

取得できる学位
博士(学術)、博士(法学)、博士(経済学)

博士後期課程 共生社会研究専攻

共生社会研究専攻

地域共生社会

地域共生社会
  • 比較経済思想史研究(武藤 秀太郎)
  • ニュー・パブリックマネジメント研究   (鷲見 英司)
  • 公共経済学研究  (中東 雅樹)
  • 中国経済研究   (溝口 由己)
  • NPO論研究    (澤村 明)
  • 現代財政研究   (根岸 睦人)
  • マーケティング研究(長尾 雅信)
  • 人的資源管理研究 (平松 庸一)
  • ゲーム理論研究  (高宮 浩司)
  • 教育経済研究   (北條 雅一)
  • 情報化社会制御研究(鈴木 正朝)
  • 中国法文化研究  (國谷 知史)
  • 中国政治社会研究 (真水 康樹)
  • 自治体制度研究  (田村 秀)
  • 現代行政研究   (馬場 健)
  • 行政理論研究   (南島 和久)
  • 憲法研究     (上村 都)
  • 刑法研究     (田寺 さおり)
  • 刑事政策研究   (櫻井 香子)
  • 民事法研究    (近藤 明彦)
  • 財政法研究    (今本 啓介)
  • 刑事訴訟法研究  (稲田 隆司)
  • 会社法研究    (吉田 正之)
  • 商事法研究    (梅津 昭彦)
  • 地域社会研究   (内田 健)
  • 災害地理研究   (小野 映介)
  • 上級ミクロ経済学研究(山崎 剛志)
  • 上級マクロ経済学研究(長谷川 雪子)
  • 医療制度研究   (田中 伸至)
  • 組織行動論研究  (岸 保行)
  • 経営組織研究   (木全 晃)
  • 成年後見法研究  (上山 泰)                    
  • 社会保障政策研究 (未定)

国際共生社会

国際共生社会
  • 比較労使関係研究 (木南 直之)
  • 比較政治制度研究 (兵藤 守男)
  • 家族法制研究   (田巻 帝子)
  • 市民社会基本法研究(大島 梨沙)
  • 契約法研究    (石畝 剛士)
  • 法社会研究    (小泉 明子)
  • 行政救済法制研究 (石崎 誠也)
  • 現代刑法理論研究 (本間 一也)
  • ファイナンス法研究(田中 幸弘)
  • 刑事制度論研究  (丹羽 正夫)
  • 倒産法研究    (若槻 良宏)
  • 損害賠償法研究  (岩嵜 勝成)
  • 国際経済法研究  (澤田 克己)
  • 国際税制研究   (駒宮 史博)
  • 知的財産法研究  (渡邉 修)
  • 開発途上国経済研究(石川 耕三)
  • 北米憲法研究   (栗田 佳泰)
  • ロシア経済研究  (道上 真有)
  • 産業組織論研究  (芹澤 伸子)
  • 環境経済研究   (藤堂 史明)
  • 経営情報研究   (大串 葉子)
  • 管理会計研究   (李 健泳)
  • 租税理論研究   (藤巻 一男)
  • アメリカ経済研究 (大森 拓磨)
  • 国際経済研究   (内藤 雅一)
  • 分析的会計研究  (加井 久雄)
  • EU経済研究    (藤田 憲)
  • 応用ミクロ経済学研究(濱田 弘潤)
  • 比較組織文化研究  (咲川 孝)
  • 政治思想研究   (向山 恭一)
  • 国際政治史研究  (神田 豊隆)
  • 国際人権研究   (渡辺 豊)
  • 現代憲法理論研究 (土屋 武)
  • 日本政治外交史研究(稲吉 晃)
  • 国際関係論研究  (張 雲)
  • 西洋経済史研究  (左近 幸村)

※研究科共通の必修科目として「特定研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」及び「総合演習」の4科目が設置されています。

※教員名及び授業科目名は変更になることがあります。

シラバスに各教科の目標と内容、使用教材、指導計画、指導方法、評価方法等の詳細が記載されています。

シラバス検索はこちら