トップページ > 学位取得 > 博士後期課程:修了までの流れ

学位取得博士後期課程:修了までの流れ

博士後期課程

博士後期課程では、授業科目(選択科目)のほかに、「特定研究Ⅰ」「特定研究Ⅱ」「特定研究Ⅲ」「総合演習」を必修科目として設けて、専門的学力を獲得することを目標としています。

「特定研究Ⅰ」「特定研究Ⅱ」「特定研究Ⅲ」
本研究科の教員が組織する共同研究プロジェクト(教員と学生による小規模な研究会)に参加して、博士論文作成の準備を進めます。
「総合演習」
学生が教員や他学生の前で研究発表を行い、質疑応答を通じて、博士論文のブラッシュアップを行うものです。
「ポートフォリオ」
学生は、研究の進捗状況をポートフォリオとして定期的に報告し、研究科の教員がこれを随時閲覧します。
このポートフォリオを積極的に活用することによって学生の所属する専攻の全教員が研究指導に携わり、学際的な研究指導の一層の充実化を図っています。
「論文発表」
さらに博士論文の作成を支援するため、学術誌や学術報告書への発表を積極的に奨励しています。
そのひとつとして本研究科では、学生が論文発表する場として、学術誌『現代社会文化研究』を年に2回刊行しています。
「論文作成」
第1ステップとして、3年次の1学期に「学位論文提出資格審査申請書」を提出し、これにもとづき口述試験及び筆記試験により、申請者の研究能力や学力が審査され、合格と判定されると「学位論文提出資格者(Ph.D.Candidate)」が得られます。
第2ステップとして「博士論文草稿」を提出し、履修指導委員会の指導を受けます。
第3ステップとして、「学位論文」を完成させ提出します。
論文審査と口述試験により、学位がふさわしい能力を有しているかどうか審査され、合格と判定されると、博士の学位が授与されます。
※学位の種類は、各専攻紹介の頁を参照