トップページ > 現代社会文化研究科について

 

研究科長挨拶

Message from the Dean

 

新潟大学大学院現代社会文化研究科長

Dean of the Graduate School of Modern Society and Culture, Niigata University

                  堀 竜一 Ryuichi HORI, Ph.D.

 新潟大学大学院現代社会文化研究科は1993年に設置され、現代社会における諸課題を学生が自ら主体的に探求・探究し、柔軟な思考と深い洞察とに基づく課題解決能力を育成・伸張することを教育の基本目標に、多くの学生を育て、社会に送り出してきました。本研究科は、さまざまな問題を現代という文脈の中で捉えなおすことを意味する「現代性」と、人間と人間、人間と自然が「共」に「生」きることを意味する「共生」、この二つを理念として掲げています。

 新潟大学は日本海側中央の政令指定都市新潟市に立地しています。そのような立地条件と歴史的特性に基づき、本研究科は、東アジア、それを取り巻く環東アジア地域、さらには国際社会における「共生」に資する人材を育成するという重要な使命を担っています。

 現代社会文化研究科は、人文科学、社会科学、教育科学の幅広い専門分野にわたる210名もの教員を擁する文系の総合型大学院です。その特徴を活かし、自分の専門領域の研究を第一義としながらも、既存の学問領域の枠にとらわれることなく学際的な見地からも探求・探究できるカリキュラムを用意しています。学部からの進学者だけでなく、世界各地からの留学生や、社会経験を積んだ社会人学生を積極的に受け入れる体制も整えています。多様な背景をもつ学生同士が相互啓発を通じて、研究内容を深化させるとともに、幅広い視野も獲得できることでしょう。

 現代社会・世界・地球環境はさまざまな課題をかかえています。環境破壊・地球温暖化現象、国家間の対立・紛争・テロ等、地球規模で見ても解決困難な課題に満ちています。社会生活・日常生活に関わって、少子高齢化、学校・教育問題、経済格差、AI等々、ますます緊急の対応が求められる課題が山積しています。本研究科の教育・研究は、これら「現代性」に関わる諸問題に向き合い、課題を発見すると同時に、多様性を尊重し共に助け合いながら生きてゆく「共生」の精神に基づき、一人一人の可能性を引き出しつつ、真に豊かな人間社会を形成する可能性を追求して行きます。

 2020年に入り、新型コロナウイルスの感染が世界を覆っています。この問題は、国際社会、社会生活・日常生活のあらゆる領域に多大な影響を及ぼしています。大学の活動、教育や学問・研究の在り方も根本から問い直されています。今後、現代社会文化研究科も、地域社会との連携、東アジア地域を初めとする国際共同学修・共同研究の新たな形を模索するとともに、新たな世界像の構築に貢献して行かなければなりません。

 現代社会文化研究科は2021年4月に大学院を改組し、博士前期課程の分野の整理統合を行って博士後期課程とのつながりを円滑にします。また、社会や学生のニーズに応える領域融合・分野横断的な「共通科目」の新設、融合大学院プログラムへの参加などを通して、新たな息吹を本研究科に吹き込んで行きます。

 情熱あふれる多くの方々が新潟大学大学院現代社会文化研究科の基本理念に共鳴され、本研究科を研鑽と交流と情報発信の場として活用されることを期待しています。