トップページ > 在学生の方へ > 休学・退学・復学について

休学・退学・復学について

休学について

疾病や、そのほかの理由で引き続き2か月以上修学できない学生は、その学期又は学年に限り、休学することができます。
休学可能な期間は、通算して博士前期課程は2年、博士後期課程は3年までとなります。
申請は原則半期か1年を選択し、休学日の1ヶ月前までに学務係に申請してください。

[申請方法]

休学する際は「休学申請書」を提出する必要があります。
必ず指導教員との相談の上、指導教員の押印及び書類の記入を受け、学務係まで提出してください。

  • ※休学期間は原則授業料はかかりません。長期欠席や休学のタイミングによっては授業がかかりますのでご注意ください。
  • ※在留資格が「留学」の外国人学生については、休学する場合、速やかに帰国しなくてはなりません。(資格外活動許可を取得している場合であっても、アルバイトはできません)
  • ※休学中に在留期限が切れる場合は、原則として在留資格の取り直しが必要となります。
    在留資格の取り直しには数カ月かかるので、休学時に学務係に申し出てください。

休学期間が満了する際は、「復学」「休学延長」「退学」を選択してください。

[復 学]

休学期間が満了し、復学する際は、指導教員と相談のうえ学務係まで「復学届」を提出してください。
休学事由が無くなり次第、復学することも可能です。

[休学延長]

休学期間満了後、更に休学を延長したい場合は、指導教員と相談のうえ「休学期間延長申請書」等を学務係まで提出してください。

退学について

病気その他やむを得ない事由がある場合は、退学することができます。
退学する際は、必ず指導教員と相談のうえ、退学申請書を提出してください。